【Ubuntu】22.10RimixでChromeの自動更新が上手くいかない対処

目次

Linux初心者が、Ubuntu22.10RimixでChromeアップデートを手動で行う

なんかねぇ~Chromeの右上に更新してくれ!みたいなことを言われて、押してみたんだが・・・
うまくいかんのだよ。
ちょっとググってみたら、なんか更新バッチがコメントアウトして動かないんだとか~( 一一)
これも「viコマンド練習」と思いやってみた。

「viエディターの使い方」でググってみて参考にしたサイト

「root」管理者権限でログインしなおす方法

2023.3.14追記、Ubuntuで使うエディターは「GNU nano」エディターが良い

Ubuntu22.10RimixでChromeの自動更新ができない場合の対処

Ubuntu22.10RimixでChromeを更新中

対処というほどでもないのだろうが、ググって内容が分からん箇所を更にググるという簡単な方法だ。
参考にしたのは、以下のサイト。

# deb [arch=amd64] http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main のコメントアウトを外す!
という簡単なことなんだが、なんせLinux初心者の私は分からんことだらけ。。。
ググりまくって、人様の力をお借りしてなんとかゴールに辿りつきたいのである。

なんだかんだで、上記サイトのお陰でなんとか無事更新できたようだ。
ありがとう~💗~

Googleさん、chatGPTさん、そして情報提供してくれている数多の優秀な人たち~♪
本当にありがとう~ございます。

そんな感じ(^_-)-☆

Ubuntu22.10RimixでChromeの更新終了

無事Chromeが立ち上がり、右上からいろんな表示が消え去った~🤗パチィパチィ

編集後記

Linuxディストリビューション?Linuxはどれを使えば良いの?という問いにあれから数年経った私が回答するなら…

2024.1.29時点では、

64bit機前提で、相変わらずUbuntu一択。Linux初心者!私と同等な程度な人ならそうするが良い!
32bit機なら、もう捨てた方が良いというのが正解かな。

今だと中古のノートPCでintel第4世代~7世代がメモリなしHDDなしで中古屋で叩き売り状態になっている場合があるので、運が良いと5千円以内で手に入る。それにメモリ16GBにしてSSD256GB付ければ良い。
更にディスクトップだと全てのパーツを中古品で揃えた上で1万程度で全部作れたりもする。

Linuxにこだわらないなら、WindowsかChrome OS Flexのどちらかかな。
スタンドアロンでファイルを管理したいならWindows。クラウドならChrome OS Flex。
ExcelならWindows。GoogleスプレッドシートならChrome OS Flex。
ChatGPTならWindows。BARDならChrome OS Flex。

的な、適当に選択した理由を付けたら良い。

更にこれは前回からも言っているが
金持ちなら最新のMac、そうでないならWindows。
それでもLinuxっていうのなら64bit機ならUbuntu一択になる。

ちなみに下記は2023.2月にChratGPTに聞いた初心者が使いやすいLinuxディストリビューションである。
参考までに…

初心者が使いやすいLinuxを箇条書きで教えて

以下は、初心者が使いやすいLinuxディストリビューション(配布版)の一部です。

  1. Ubuntu - 多くの人が最初に試すLinuxディストリビューションの1つで、
    初心者に優しいインターフェースを提供し、
    簡単なインストールプロセスを備えています。
  2. Linux Mint - UbuntuをベースとしたLinuxディストリビューションで、
    Windowsのようなタスクバーとメニューを提供し、
    ユーザーフレンドリーなインストールプロセスを備えています。
  3. Fedora - シンプルなデザインとユーザーフレンドリーなインターフェースを備えた
    Linuxディストリビューションで、ソフトウェアの安定性に重点を置いています。
  4. Zorin OS - Windows風のインターフェースを備えたLinuxディストリビューションで、
    簡単なインストールプロセスと初心者向けのツールを提供しています。
  5. Elementary OS - 美しいインターフェースと簡単なインストールプロセスを備えた
    Linuxディストリビューションで、MacOSのような感覚を提供します。

これらのディストリビューションは

  • ユーザーフレンドリーなインターフェース
  • 簡単なインストールプロセス
  • 初心者向けのツール

を提供しています。
また、これらのディストリビューションは、多くの場合
Windowsと互換性があるため、ファイルの共有やプログラムの使用に便利です。

こんな感じで応えてくれる。
やはりChatGPTも一番目にUbuntuを押してくれている。
私がUbuntuを押す一番の理由は、ググってもらうと分かるが、他のどのLinuxディストリビューション
よりも日本語解説の記事が多いということ。

英語が堪能な方ならどのディストリビューションを選択しても大丈夫だが、そうでない場合
自分が読める文献や記事が多いというのは、それだけで導入する大きなメリットになる。

日本では、Windows→Mac→ChromeOS→Linux の順になる。

ChemeOSとLinuxはタダだからココが凄い。
次回はこのパソコンLIFEBOOK A574/M 2台を使って、各々にインストールしたWindows11とUbuntu22.10Rimix
を入れ替えたりして遊んでみよう?もう遊んでいるので、後日纏まったら記事にする予定。

それでは、またね~🤗

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次